修理事例のご紹介

ロレックス 3番車オーバーホールガラスショックバネゼンマイチューブパッキン仕上げ(磨き)裏蓋パッキン

ロレックス エクスプローラー2/オーバーホール、ガラス交換など(佐賀県小城市のお客様)

ロレックス エクスプローラー2

佐賀県小城市のお客様より、時計修理の匠工房に、ロレックス エクスプローラー2(Ref.16570)の修理依頼がございました。

オーバーホール歴は無し。 ガラスにキズ、欠けと、レンズ無しの為、ガラス交換も希望。  とのことでご相談を頂きました。

※到着時のお写真を使用しております。

エクスプローラー2について

ロレックス エクスプローラー2 は、エクスプローラー1の進化系というコンセプトのもと、1971年ごろに発表されました。
探検家や登山家の為、 太陽の光が届かない場所でも昼夜を判別しやすいよう、24時間表示ベゼルは固定で、24時間針により午前/午後の判断が可能という特徴があります。 ( エクスプローラー2 のベゼルは回転しません)

そして、リューズを守るリューズガードがついております。

改良を重ねて1991年ごろに発売されたエクスプローラー2(Ref.16570) は、約20年に渡るロングセラーとなりました。

時計の状態

今回は、オーバーホールと部品交換に加えて、ガラスにキズや欠け、そしてサイクロップレンズ(拡大レンズ)が欠品しており、お客様も交換をご希望されておりましたので、ガラス交換をご提案致しました。

2021年現在、ガラスは社外品でのご提案となりますが、 外観上の違いはほぼございません 。
※社外品のガラスですので、ガラスにロレックスの王冠透かしのマークがある場合、王冠透かしのマークは無くなります。

新しいモデルの場合は、ガラスの6時位置に小さく薄い王冠透かしのマークが入っております。
ガラスを純正品で交換ご希望の場合は、恐れ入りますがメーカーさまへのご相談をお勧め致します。
(交換部品が社外品になる場合は、予めお見積りの際にお知らせしております。)

ガラス交換は社外品でご依頼を頂き、オプションでご提案した仕上げ(ケース・ブレス磨き)もご依頼を頂きました。

元々、文字板や針がキレイな状態でしたので、ガラス交換と仕上げ(ケース・ブレス磨き) により、一層キレイになりました。

修理完了後、納品前のお写真です

この度は当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございました。
また何かございましたら、どうぞお気軽にご相談くださいませ。

●今回の修理内容

オーバーホール、裏蓋パッキン、ゼンマイ、ガラス、仕上げ(磨き)、3番車、ショックバネ、チューブパッキン

修理料金:6万円台後半(税抜) ※修理当時の価格


カレンダーの 早送り禁止時間帯 について

早送り禁止時間帯(時計の針が午後9時~午前3時くらい)に手動でカレンダーの操作をされますと故障の原因になる場合がございます。
(機種によって、多少の前後有り)
余分な負荷がかかり、パーツ破損等の恐れがありますのでご注意下さいませ。
リューズの時刻調整ができる位置で、針を禁止時間帯以外に合わせてから、ご使用されることをお勧め致します。