オーバーホール(オリジナル洗浄・防水検査を含む)価格

  • カルティエの時計修理に精通した専門職人達だからこそできるカルティエ腕時計修理専門店です。時計が動かない、時計が遅れる、時計が進む等などでお困りのお客様は是非一度当店にご相談下さい。沢山のお客様から修理、オーバーホールのご依頼を頂いております。 修理実績も多数ございますので、どうぞご安心下さいませ。 お客様にご安心していただく為に、お見積無料・送料無料・キャンセル無料で 心よりお待ちしております。親切丁寧にご対応させて頂きます。 お客様の大切な時計修理、オーバーホールを、カルティエ時計修理も専門の匠工房にお任せください。      
  • ●カルティエ パシャの裏蓋スケルトンタイプはお受けしておりません。
  • ●素材が【金】【プラチナ】やアフターダイヤ(ケース・ベゼル・ブレスにダイヤモンド等を【後付け】した時計)、改造品はお受けしておりません。
  • ●部分修理、外装修理のみ(リューズ修理やベルト修理のみ、磨きのみなど)はお受けしておりません。

時計修理は熟練技術者の経験と研ぎ澄まされた感覚によって時計修理の良し悪しが決定されます。
当店のカルティエ修理時、不良交換部品は基本的にカルティエ純正部品でご提案させて頂いております。
純正部品以外を使用されての修理はカルティエ本来の価値を落とすことになり、時計本来の精度にも影響を及ぼす場合がございますので、お気をつけ下さい。
※代用品でのご提案となる場合は、お見積りの際に、純正品/代用品 をお知らせしております

経験豊富なスペシャリスト集団 1級時計修理技能士が対応!

各時計メーカーの構造に、特徴や癖がございます。
その特徴や癖を見極めるには長年の経験に培われた高度な技術が必要です。
時計修理の匠工房では、国家資格である1級時計修理技能士所得者の中から 30年以上各メーカーの専門時計修理だけを行ってきた経験豊富なスペシャリスト達が中心になり、時計修理専門店だからこそ出来る技術とサービスにこだわって参りました。
カルティエをはじめ、各メーカーに精通した時計修理専門職人達だからこそできる、腕時計修理専門店です。
お客様の大切な時計の修理、オーバーホールを是非、時計修理の匠工房にお任せください。
かけがえのない思い出と共に、特別な日を刻み続けてきた大切な時計。
決して手を抜くことなく、一つ一つ丁寧に時間をかけ精魂込めて作業に取り組むことをお約束致します。

匠工房が選ばれる理由 3つの安心

追加費用は一切無し!

お見積りの確認後、修理進行中に新たな交換部品が発生しましても、お客様にご負担はございません。

安心の修理保証1年

安心を形にしてお届けするために1年間の修理保証をつけおります。これは、実績と自信の裏付けです。

※修理内容により保証は異なりますので、詳しくは「ご利用規約」をご覧ください。

純正部品で対応!

お客様の大切な時計は、純正部品で修理致します。

※純正部品で対応できない場合は、お見積りの際にご連絡しております。

追加料金一切無しの
安心お見積り!!

メーカー比最大50%OFF

時計修理の匠工房では、実際に時計をお預かりさせて頂いてからお見積りをさせて頂いております。
オーバーホール(分解掃除)をご依頼頂いたお客様には、オリジナル洗浄・防水検査がサービスで含まれます。

  • オリジナル洗浄は、日常で付いた垢や汚れを独自の洗浄で綺麗に落とすサービスです。ご不要の場合は予めお知らせ下さい。
  • ブレスの材質や劣化等が原因でお受け出来ない場合もございます。
  • 防水検査の詳細は、ご利用規約をご覧ください。

オーバーホール(分解掃除)のご依頼時無料サービス

匠工房オリジナル洗浄
防水検査が無料!

日常で付いた垢や汚れをオリジナル洗浄で綺麗に落とす独自のサービスです。

匠工房オリジナル洗浄防水検査実施前
匠工房オリジナル洗浄防水検査実施前後

多くいただく

ご相談内容

匠工房なら安心しておまかせいただけます!

見積り0円送料0円キャンセル0円ですので、とっても安心!

お見積りパックはこちら

修理事例のご紹介

メーカー修理よりお得に。交換部品純正部品を中心にご提案!

修理事例 Pick Up

カルティエ パンテール ヴァンドームのオーバーホールを実施しました。

秋田県秋田市のお客様より、時計修理の匠工房に、カルティエ パンテール ヴァンドームのオーバーホール/修理ご依頼がございました。

気が付いたら、リューズが無くなって止まっていました。とのことでお申し込みを頂きました。

修理前

時計の状態

今回のカルティエはリューズが欠品しており、止まりが発生している状態でしたので、恐らく電子回路の交換も必要になる可能性が高いと思われました。

やはり、欠品したリューズ部分からと思われる湿気入り、電池式の時計にとって心臓部分にあたる電子回路が不良の状態でした。 裏蓋パッキン、ベゼルパッキン、マキシンも劣化しておりましたので、オーバーホール時に交換をご提案させて頂きした。

そして、ケースや裏蓋にサビ、腐食が見られ、文字板にシミ、針にもサビが見られる状態でしたので、手を洗う際は外す、なるべく雨に濡れないようにして、濡れた場合はすぐに拭き取るようにご案内をさせて頂きました。

この度は当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

●今回の修理内容

オーバーホール、裏蓋パッキン、ベゼルパッキン、回路、リューズ、マキシン

修理後

修理事例 Pick Up

カルティエ マスト タンクのオーバーホール/部品交換

愛知県名古屋市のお客様より、時計修理の匠工房に、カルティエ マストタンクの修理依頼がございました。

フェイスの腐食、オーバーホール、ガラス、ベルトの交換。今は亡き両親と初海外旅行の記念に買ってもらいました。大学生の娘に譲りたいと思っています。 とのことでお申し込みを頂きました。

修理前

時計の状態

ムーブ内油劣化と湿気入りの為、オーバーホールと裏蓋パッキンの交換が必要な状態でした。

非防水の機種ですので、比較的、湿気入りでのご相談が多い機種です。
ケースも経年劣化で腐食してしまいますので、日常使用というよりは、特別な日のご使用をお勧めさせて頂きます。

その他、お客様よりご希望をいただいておりました、ガラスと革ベルトの交換を代用品でご提案させて頂きました。

ガラスは代用品ですが、外観上はほぼ同じでございます。

そして、マストタンクのヴェルメイユのタイプには、黒や茶色の革ベルトが着いている事が多いですが、 今回のお客様は元々、白い革ベルトが着いておりました。

お嬢様に譲られるということで、革ベルトのお見積りをご希望されておりましたので、元々のベルトに似たデザインでワニ革のベルト交換をご提案させて頂きました。
(申し訳ございませんが純正品のベルトは、メーカー様(カルティエ)でないと手配不可でございます。)

今回、革ベルトのお色はブルーをご希望頂きました。

修理後

文字板の汚れやケースのキズ、剥げ等は現状のままとなりますが、オーバーホールの洗浄で、ケースの変色はほぼキレイになりました。

修理完了後の時計は、金色のケースに上品なブルーが映えて、とても綺麗でした。ブルーを選ばれたお客様のセンスも素晴らしいです。

これからはお嬢様のお手元で、時を一緒に刻んで行けるかと思います。

当店をご利用頂きまして、誠にありがとうございました。
また何かございましたら、どうぞお気軽にご相談くださいませ。

●今回の修理内容

オーバーホール、裏蓋パッキン、ガラス、革ベルト(ワニ革)

修理事例 Pick Up

カルティエ マスト タンクのオーバーホールを実施しました

神奈川県川崎市のお客様より、時計修理の匠工房に、カルティエ マスト タンクの修理依頼がございました。

購入して20年以上。電池が止まって1年ほど。ケースの変色も気になる。とのことでお申し込みを頂きました。

修理前

時計の状態

電池液漏れ、腐食、 機械枠が破損している状態でした。

ベルトは劣化、ガラスはキズが多い為、オプションで交換をご提案させて頂きました所、両方とも交換のご要望を頂きました。 ガラスは代用品ですが、外観上はほぼ同じでございます。 革ベルトは牛革の型押し(黒)で、どんなシーンにも合うオーソドックスな組み合わせでご提案を致しました。

カルティエ マストタンク ヴェルメイユ を長年使用されたお客様の中には、金色の部分が酸化などで玉虫色に変色している状態がよく見られます。

文字板の汚れやケースのキズ等は現状のままとなりますが、オーバーホールの洗浄で、ケースの変色はほぼキレイになります。

マストタンクはアンティーク機種の為、非防水ですので、 水回りや湿度の高い場所は避けてご使用されることをお勧めさせて頂きます。(手を洗う際は外す、なるべく雨に濡れないようにして、濡れた場合はすぐに拭き取るなど)

電池式の時計は1年半~2年くらいでの、定期的な電池交換をお勧めさせて頂きます。

そして電池が切れてしまった場合は、可能な限り速やかに電池交換をお勧めさせて頂きます。 長期間に渡り使用する予定が無い場合は、お近くの時計店さまで電池を抜いて頂き保管されても良いかと思います。

●今回の修理内容

オーバーホール、電池、裏蓋パッキン、機械枠、ガラス、革ベルト

修理後

実際にご利用された

お客様の感想

お客様に修理後に写真付きでコメントを頂いております。

メンテナンスコラム

カルティエの遅れの原因は?5つの理由とよくある質問にお答えします

「カルティエの時計が遅れる」「電池交換したのに時計が遅れてしまう」

このような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。カルティエの遅れの原因はいくつかありますが、機械式時計とクォーツ時計で原因が異なります。

機械式時計は気候や湿度、使い方によって精度に差が出るため、遅れているからと言って一概に壊れているとは言えません。またクォーツ時計でも電池残量が少ないために遅れていることもあります。しかし1日5分以上遅れる場合や電池交換をしても遅れが直らない場合は、別の原因が考えられます。

今回はカルティエが遅れる原因を大きく5つにわけて解説します。相談や修理依頼の際のよくある質問も紹介していますので、カルティエの遅れで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

カルティエの時計が遅れる原因5つ

カルティエの時計が遅れる原因は大きく5つあります。

≫機械式時計の日差の正常範囲での遅れ

1つ目の原因は、機械式時計の日差での正常範囲での遅れです。日差とは、時計が1日にどのくらい進みや遅れが発生するかの指標となるものです。例えば、カルティエのパンテールが1日平均5秒進む場合は、日差は+5秒と表現されます。

機械式時計は、小さな部品が100以上も組み合わさって動く精密機械です。そのため気温や湿度、使用状況に応じて日差は変わり、クォーツ時計よりも精度のブレが大きい特徴があります。そのため、日差は1週間~10日前後の平均を出すのが一般的です。

機械式時計の日差の許容範囲は、次の通りです。

最新モデルの時計:±5~10秒

アンティーク時計:±30~90秒

上記以外の時計:±10~30秒

機械式時計でも1日に5~10分も遅れてしまう場合は、何らかの不具合があることが考えられますので、時計修理店で点検を依頼したほうが良いでしょう。

≫クォーツ時計の電池残量が少なくなっている

2つ目の原因は、クォーツ時計の電池残量が少なくなっていることです。クォーツ時計は、基本的に電池残量が少なくなっても、時刻が遅れることはあまりありませんが、まれに起こります。この場合、電池交換をすれば時間の遅れは改善されますが、改善されない場合は他の原因が考えられます。

≫磁気帯びしている

3つ目の原因は、時計の磁気帯びです。磁気帯びとは、時計内部のムーブメントが磁化している状態のことを指します。時計のムーブメントは金属でできていますが、金属には強い磁気が近くにあると磁気が金属に移ってしまう性質があります。ムーブメントが磁化すると動きが乱れ、精度が狂ったり止まったりしてしまいます。

クォーツ時計も機械式時計と同じく、磁気帯びは発生します。クォーツ時計は、電池の動力で動いているため、ほとんどの部品が金属でできている機械式時計よりは、磁気帯びしづらいです。しかし、それでも強い磁気に長時間さらされていると磁気帯びしてしまいます。

強い磁気を発している製品は、パソコンやスマートフォン、充電器、電子レンジ、カバンのマグネット式の留め具など、身近なところに多々あるため、気づかない間に磁気帯びしてしまうことも多々あります。磁気帯びした場合、時計修理店で磁気抜きしてもらいましょう。

≫ムーブメントの部品破損、油切れ

4つ目の原因は、ムーブメントの部品が破損している、または油切れしていることが考えられます。機械式時計は前述の通り、100以上の部品から組み合わさっています。そのため1つの部品に不具合があると、連動して他の部品にも影響が出てしまいます。とくに強い衝撃を受けると部品が破損することが多くあるため、時計をぶつけたり落としたりした後に遅れている場合は、部品の破損が原因だと考えられます。

また部品同士がよく当たる部分には、摩耗を防ぐため油が塗布されています。この油が経年劣化により乾いたり劣化したりすると、部品同士のかみ合わせが悪くなり、遅れが発生することがあります。油を新たに塗布するには、時計修理店でオーバーホールを受ける必要があります。しばらくオーバーホールをしていないという方は、時計修理店にオーバーホールを依頼するようにしましょう。

≫内部の回路不良

5つ目の原因は、時計内部の回路不良です。クォーツ時計の故障で最も多い事例で、回路不良により時計の精度の狂いや止まりなどの影響が発生します。

クォーツ時計の仕組みとして、水晶(クォーツ)を細かく振動させることにより機械式時計よりも高い精度を保っています。電子回路は、その振動を一定に保つための部品です。一般的に電子回路の寿命は、10年と言われており、寿命が過ぎた回路は丸ごと交換する必要があります。

また電池切れのまま放置していると、液漏れが発生してしまいます。時計の内部で液漏れが起きると、隣接している回路やムーブメントにも影響があります。少量の液漏れであれば回路だけの交換で済みますが、液漏れがムーブメント全体に広がってしまうと、ムーブメント自体を交換しなければならず、修理費用が高額になってしまいます。

匠工房では、無料見積りパックで時計を送っていただくと、無料でお見積りをお出ししています。見積内容にご納得いただけない場合のキャンセル料も無料のため、「時計の遅れを直したい」「なぜ遅れているのかわからない」という方は、お気軽にお申し込みください。


カルティエの遅れに関するよくある質問

カルティエの遅れに関して、よくある質問とその回答を紹介します。

≫電池交換したばかりなのに遅れてしまう

「電池交換をしたばかりなのに、時計が遅れてしまう」という相談を非常に多く受けます。電池を交換しても遅れてしまうという場合は、磁気帯びか回路不良が濃厚と考えられます。

どちらの理由でも、時計修理店でオーバーホールを受ける必要がありますので、放置せずになるべく早くオーバーホールを依頼するようにしましょう。また電池交換をする際に、液漏れの跡が見られた場合には、電池を入れずに時計修理店に持ち込むことをおすすめします。

≫クォーツ時計もオーバーホールしなきゃいけない?

「クォーツ時計はオーバーホールをする必要はない」という認識をしている方もいますが、これは誤りです。クォーツ時計も電池交換だけでなくオーバーホールを受ける必要があります。

クォーツ時計の動力は電池と回路ですが、針を動かすのは歯車であり、そういった部品には油が塗布されています。前述の通り、油は経年劣化により乾いたり劣化したりしてしまうため、定期的な油の塗り直しが必要です。

また、防水機能を果たしているパッキンも経年劣化してしまうため、交換しないと防水機能が低下してしまいます。そのためクォーツ時計であっても、定期的なオーバーホールが必要です。


≫オーバーホールはどのくらいの頻度ですればいいの?

「オーバーホールはどのくらいの頻度ですればいいの?」という質問もよくいただきます。機械式時計とクォーツ時計、使用状況によっても推奨期間は異なりますが、一般的には機械式時計が3~5年に一度、クォーツ時計が4~6年に一度と言われています。

しかしこれはあくまでも問題なく使える場合での推奨期間のため、時計の遅れや違和感がある場合は、なるべく早くオーバーホールを出すようにしましょう。

≫磁気の影響を受けているかどうやって確認するの?

「時計が遅れているけど、磁気帯びか自分でチェックする方法はないの?」という質問もいただきます。自分で時計の磁気帯びをチェックするために、方位磁針を近づける方法があります。

方位磁針は磁気を感じると針が動くため、針が動くようであれば磁気帯びをしている可能性があります。小さな揺れであればよいですが、大きく揺れるようであれば磁気の影響を強く受けているため早めに修理を依頼したほうが良いでしょう。

また、この方法はあくまでも簡易的なチェック方法のため、しっかりと磁気帯びを確認したい方は時計修理店に磁気帯びの確認を依頼するようにしましょう。

匠工房ではカルティエ遅れの修理を受け付けています

匠工房では、カルティエの遅れによる修理を全国どこでも受け付けています。無料見積もり宅配パックをお申し込みいただくと、自宅から時計を発送するだけで、無料で見積もりをお出しいたします。送料や見積もり料、キャンセル料も無料なため、カルティエの遅れが気になるという方はお気軽にお申し込み込みください。

カルティエの修理に精通した1級時計修理技能士による、丁寧な修理を行っています。 カルティエの時計は、きちんとメンテナンスをすれば長く使い続けることができます。「カルティエの遅れが気になる」「最近オーバーホールしてないな」という方は、お気軽にお問い合わせください。

こんなお悩みありませんか?

匠工房なら安心しておまかせいただけます!

見積り0円送料0円キャンセル0円ですので、とっても安心!

お見積りパックはこちら

営業日カレンダー

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

は定休日となります