修理事例のご紹介

ロレックス 3番車オーバーホールガラスゼンマイチューブバネ棒リューズ裏蓋パッキン

ロレックス デイトジャスト の修理を実施しました(東京都板橋区のお客様)

datedust-69173

東京都板橋区のお客様より、時計修理の匠工房に、ロレックス デイトジャスト(Ref.69173)の修理依頼がございました。

持続時間が短い/遅れ、オーバーホール希望、リューズでの巻き上げができない、留め具が緩いとのことでお申し込みがございました。

※到着時のお写真を使用しております

デイトジャストについて

ロレックス デイトジャストと言えば、ロレックスを代表するモデルであり、世界的に高い所持率を誇る、ベストセラーの名作です。
日本のバブル期には、デイトジャストのイエローゴールドとステンレスのコンビが圧倒的な人気を博し、需要に供給が追いつかなくなったそうです。

名前の由来はロレックスが開発した画期的な機構、”デイトジャスト機構”です。
デイトジャスト機構とは、午前0時にパチッと日付が切り替わるというものです。
今では当たり前に思える技術ですが、当時はロレックスが先駆けて開発したオリジナル機構でした。

文字板も多彩なバリエーションがありますので、選ぶ楽しみも増える時計がロレックス デイトジャストです。

時計の状態

お客様の時計は長年ご使用されたことにより、内部の油切れの状態でした。

ただ、30年近くメンテナンス無しでご使用されたとは思えないほど、比較的良い状態でございました。
部品も丈夫なことで有名なロレックスですが、恐らく毎日のご使用ではなく週末に着用される程度で、本当に大事にご使用されておられたのでしょう。

今回、オーバーホールに加えて内部の交換部品は、裏蓋パッキン、ゼンマイ、3番車でした。
ゼンマイは機械式時計の動力源であり、巻き上げられたゼンマイがほどけようとする力で機械式時計は動きます。
3番車は、分針を動かす2番車と、秒針を動かす4番車の間で輪列を担い、精度にも関係する歯車です。

お申し込み時に、 留め具が緩い とご相談を頂いておりましたので、留め具の緩みを調整しました。
(留め具の緩みはオーバーホール時に、可能な範囲で調整させて頂いております。)

今回、オプションとしてご提案した、リューズ、チューブ、ガラスの交換もご依頼を頂きました。

リューズはロックが浅くなっており、0.8周ほどしか引っかからない状態でした。
(当店ではリューズが比較的手配できますので、ロックの浅いお客様の場合は、出来る限りお見積り時にお知らせしております。)

チューブは、リューズを固定するためにケース側についている部分です。
(リューズは、受け側のチューブとのネジ山がかみ合い、固定(ねじ込み)される仕組みとなっております。)

リューズのロック不良(飛び出た状態など)の場合は、ロレックス本来の密封性が失われてしまい、リューズ部分から湿気や水、ゴミ等が入り込みやすくなり、時計にとって良くない状態になりますので、ロックが非常に浅い/不良のお客様は、出来る限り早めの修理をお勧めさせて頂きます。

そして 、ガラスの側面にヒビ有りの為、交換をご提案致しました。(防水不良になる可能性があった為、お知らせさせて頂きました)

修理完了後、納品前のお写真です

今回、仕上げはご希望されませんでしたのでオーバーホールに含まれる洗浄サービスでしたが、元々ブレスの目が細かい5連のタイプでしたので、洗浄サービスで十分綺麗になりました。

●お客様の感想

時計の納品後、お客様よりご連絡を頂きました。


時計受け取りました。
30年近くメンテナンスもせずに使って来てしまったので諦めようかとも思ったのですが やはり修理して良かったです
とても綺麗になり また元気に動き始めてます。
これからはメンテナンスもしっかりと思っています。
有難う御座いました。


当店をご利用頂きまして、誠にありがとうございました。

ロレックスは価値を保つ為にも、定期的なオーバーホール、純正部品での修理をお勧めさせて頂きます。

●今回の修理内容

オーバーホール、裏蓋パッキン、ゼンマイ、リューズ、チューブ、3番車、バネ棒(×2)、ガラス

修理料金:9万円以内 (税抜)※修理当時の価格