修理事例のご紹介

オメガ オーバーホール回路裏蓋パッキン

オメガ コンステレーション/オーバーホール、回路交換(埼玉県朝霞市のお客様)

constellation

埼玉県朝霞市のお客様より、時計修理の匠工房に、オメガ コンステレーションの修理ご依頼がございました。

電池切れか分からないまま止まり、半年ほど経ちます。近所の時計屋さんはオメガは開けられないそうで、御社で見ていただきたいと思います。
との事でご相談を頂きました。

※到着時のお写真を使用しております。

オメガ コンステレーション

ギリシャ語で” 最終・究極 “を意味するオメガ。

1952年にコンステレーションの初代機を発表します。
コンステレーションとは、英語で”星座”を意味しており、星のシンボルと3時/9時方向に配置された爪が特徴的なデザインで有名です。

コンステレーションはドレスウォッチとして、特に女性に人気があるモデルです。

時計の状態

ムーブ内油切れ、時計の心臓部分にあたる回路が劣化している為、オーバーホールと回路交換、裏蓋パッキンが劣化の為、交換を実施致しました。

年々、オメガの回路の手配が難しくなっており、お値段も上がっております。

今後は、1年半~2年くらいでの、定期的な電池交換を行い、時計を動かしておくことをお勧めさせて頂きます。

修理完了後、納品前のお写真です

この度は当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

●今回の修理内容

オーバーホール、裏蓋パッキン、回路

修理料金:3万円台後半(税抜) ※修理当時の価格