修理事例のご紹介

カルティエ オーバーホール裏蓋パッキン電池交換

カルティエ タンク フランセーズのオーバーホール/磁気抜きなど(愛知県あま市のお客様)

カルティエ タンクフランセーズ 磁気抜きなど

愛知県あま市のお客様 より、時計修理の匠工房に、カルティエ タンク フランセーズの修理依頼がございました。

購入してから20年、電池交換以外のメンテはした事がありません。
時間が遅れるので電池交換した所、改善されないので油切れなのかと思います。
とのことでお申し込みを頂きました。

カルティエ タンクフランセーズ

1847年でパリで創業したカルティエは、 ジュエリーブランドとしての地位も高く、カルティエ=高級なイメージがあります。時計に関してもタンク、パシャ、サントスなど、豊富なラインと独自性で、男女問わず人気のブランドです。

カルティエ タンクフランセーズは、タンクシリーズの中で、一番といって良いほどの人気を誇ります。

四角いケースながら、どこか柔らかさが感じられるタンクフランセーズは、フェミニンな雰囲気を演出します。

時計の状態

ムーブ内油劣化、湿気入り、磁気入りの為、 オーバーホール(分解掃除)を実施致しました。

磁気は目に見えませんので、ほとんどは気付かないうちに磁気帯びしている場合が多いです。( IHクッキングヒーター、スマートフォンのスピーカーや充電器、ハンドバッグの留金など、非常に気づきにくいです。)

湿気入りも確認できましたので、今後は手を洗う際には外す、雨にかからないようにするなど、着用時にはどうぞご注意くださいませ。

タンクフランセーズは、女性用のカルティエの中でも、修理のご依頼が多いモデルです。

シンプルながら完成されたデザインは、時を越えて人気があります。

これからもどうぞ大事にご使用くださいませ。

この度は当店をご利用頂きまして、誠にありがとうございました。
また何かございましたら、どうぞお気軽にご相談くださいませ。

●今回の修理内容

オーバーホール(磁気抜きを含む)、裏蓋パッキン、電池

修理料金:3万円台前半(税抜)※修理当時の価格


 

カルティエ タンク フランセーズのオーバーホールを実施しました(静岡県浜松市のお客様)

静岡県浜松市のお客様より、時計修理の匠工房に、カルティエ タンク フランセーズの修理依頼がございました。

時計が動かなくなったので電池交換をしたところ、時計が遅れて再度電池を交換してもらいましたが遅れてきて最終的に止まりました。
リューズも少し不具合がある感じです。 とのことでお申し込みを頂きました。

※到着時のお写真を使用しております。

時計の状態

内部に湿気入りの状態でしたので、オーバーホールが必要な状態でした。


今回のお客様は、文字板やガラスに水滴や曇りが発生するような状態で放置されていた訳ではないので、オーバーホールと裏蓋パッキンの交換で済みました。
湿気・水入りを放置されておりますと、時計にとって致命傷となる場合が多いので、ガラス面が曇る/水滴が付いた、などの場合は、お早めに時計店にご相談されることをお勧めさせて頂きます。
(放置されておりますと内部だけでなく、針や文字板にも影響がでます)


そして、お客様よりご連絡もありましたが、今回はリューズ部分に特に不具合は見当たらず、オーバーホールと裏蓋パッキンのみで、進行させて頂きました。

仮に、リューズごとの交換が必要になった場合は、リューズの手配が非常に困難な為、メーカー様へのご相談をお勧めさせて頂く場合もございます。

修理完了後も、リューズ部分に不具合は見られず、正常動作を確認致しました。

修理完了後、納品前のお写真です

当店をご利用頂きまして、誠にありがとうございました。
また何かございましたら、どうぞお気軽にご相談くださいませ。

●今回の修理内容

オーバーホール、裏蓋パッキン、電池、留め具調整(緩み)

修理料金:3万円台前半(税抜)※修理当時の価格