修理事例のご紹介

カルティエ オーバーホール回路接点裏蓋パッキン革ベルト

カルティエ マスト ヴァンドームのオーバーホールを実施しました(神奈川県藤沢市のお客様)

cartier-panthere

神奈川県藤沢市のお客様より、時計修理の匠工房に、カルティエ マスト ヴァンドームの修理依頼がございました。

他社でオーバーホールと電池交換の見積もりを依頼したところ、回路腐食がみられ、その回路を入手出来ないため修理不可と言われてしまいました。
修理可能であればお願いしたいと思います。とのことでお申し込みを頂きました。

cartier-panthere

※到着時のお写真を使用しております。

カルティエについて

1847年でパリで創業したカルティエは、 ジュエリーブランドとしての地位も高く、カルティエ=高級なイメージがあります。時計に関してもタンク、パシャ、サントスなど、豊富なラインと独自性で、男女問わず人気のブランドです。


パリのヴァンドーム広場からインスピレーションを受けたと言われる「ヴァンドーム」。
ラウンドスタイルの「ヴァンドーム」は、いつの時代も色褪せない魅力があります。

時計の状態

内部に電池の液漏れ痕がありましたので、オーバーホール(分解掃除)と時計の心臓部分にあたる回路が不良、 裏蓋パッキンが劣化、 接点が不良の為、交換が必要な状態でした。

電池が切れた状態で放置されておりますと、電池から液漏れし、心臓部分にあたる電子回路が不良になる場合がございます。
(液漏れでなくとも、電子回路は電化製品と同じく突然故障することがございます。)

電池式の時計は1年半~2年くらいでの、定期的な電池交換をお勧めさせて頂きます。

そして電池が切れてしまった場合は、可能な限り速やかに電池交換をお勧めさせて頂きます。
長期間に渡り使用する予定が無い場合は、お近くの時計店さまで電池を抜いて頂き保管されても良いかと思います。

ゼンマイ式の時計と違い、ほぼ狂わない電池タイプの時計で、止まり/進み/遅れが見られる場合は、心臓部分にあたる電子回路の不良、または磁気入りの可能性が高いです。

強い磁気を帯びた時計は、進みや遅れ、止まりといった症状がおきます。
(磁気は目に見えませんので、ほとんどは気付かないうちに磁気帯びしている場合が多いです。)
(電気カミソリや磁気ネックレス、IHクッキングヒーター、スピーカーや充電器にハンドバッグの留金など、非常に気付きにくく、
例えば保管場所がゴルフのグリーンマーカー(マグネットタイプ)近くだった為による、磁気入りのケースなども過去にございました。)

アンティーク機種の時計は、特に磁気を帯びやすい傾向にありますが、磁気は目に見えませんし、今の時代はあらゆる部分に磁気が存在します。

磁気入りだけが原因の場合は、磁気抜きを行うと正常動作に戻りますので、あまり神経質にならずにご使用されることをお勧めさせて頂きます。

 

そしてこの機種はアンティークの為、非防水ですので、手を洗う際は外す、なるべく雨に濡れないようにして濡れた場合はすぐに拭き取るなど、お取り扱いにはどうぞご注意くださいませ。

 

今回は、問診票に革ベルト交換も希望とございましたので、ワニ革ベルト(代用品)のご提案をさせて頂きました。

上品なカルティエに、茶色のワニ革ベルトが映え、一層綺麗になりました。

修理完了後、納品前のお写真です

この度は当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございました。
また何かございましたら、どうぞお気軽にご相談くださいませ。

●今回の修理内容

オーバーホール、裏蓋パッキン、接点、回路、ワニ革ベルト(代用品)

修理料金:5万円台前半(税抜)※修理当時の価格