修理事例のご紹介

カルティエ オーバーホールマキシン(巻真)リューズ裏蓋ネジ裏蓋パッキン電池交換

カルティエ クロノスカフ/オーバーホール、修理、リューズ交換など(福島県伊達郡のお客様)

福島県伊達郡のお客様より時計修理の匠工房に、 カルティエ クロノスカフ の修理依頼がございました。

湿気/水が入った。ビスが一本紛失により湿気が入り、ストップウォッチ機能が作動不良によりオーバーホール希望。
とのことでご相談を頂きました。

※到着時のお写真です。裏蓋ネジの1つに社外品が使用されていました。

今回は機械内にほぼサビ入りの為、 内部ムーブメント一式交換、 裏蓋パッキン、リューズが劣化、マキシンがサビの為 、交換を実施致しました。

そして、カルティエ クロノスカフの8本ある裏蓋ネジの内、1本が社外品となっておりしたので、裏蓋ネジの交換も致しました。

ラバーバンドも社外品と思われ、お客様より「純正品のバンド交換はいくらかかりますか?」とご質問がございましたが、純正品の ラバーバンドは手配不可の為、現状のままでのご提案となりました。

メーカー様ですと、ラバーバンドは通常使用で約2年くらいでの買い替えをお勧めされておりますが、純正品のラバーバンドは一般的なものに比べてやはり高価な為、 社外品のバンドに付け替えられているお客様も多くいらっしゃいます。

カルティエのバンドは付け根が特殊な幅/形状が多い為、一般的なバンドが合わず、加工しないと取付ができないタイプもございます。
基本的に部分修理や外装修理のみはお受けしておりませんが、オーバーホールと合わせての場合は、なるべく安価にご提案できるように努めておりますので、お悩みのお客様は一度お気軽にお問い合わせくださいませ。


この機種の通常秒針は6時方向の小針です。
クロノグラフの針を通常秒針と思われているお客様も多いですが、
クロノグラフの針(ストップウォッチの針)を常時動かすと、時計に負荷がかかります。
電池タイプの時計は電池の消耗が早くなる、機械式タイプ場合は持続時間が短くなる原因にもなりますので、どうぞご注意くださいませ。

修理完了後、納品前のお写真です。

この度は当店をご利用頂きまして、誠にありがとうございました。

また何かございましたら、どうぞお気軽にご相談くださいませ。

●今回の修理内容

ムーブメントチェンジ 、裏蓋パッキン、マキシン、リューズ、 裏蓋ネジ (×1)、電池

修理料金:6万円台半(税抜)※修理当時の価格