メンテナンスコラム

ロレックス

ロレックスのリューズが閉まらない!もしかして故障?」原因と対策を解説

「ロレックスを使っていたらリューズが閉まらなくなってしまった」

時計のリューズは、時刻や日付の調整、ネジの巻き上げなどで動かす頻度が高い部品です。内部の機械につながっているため、固くて動かない、飛び出したままで閉まらないと不安になってしまいますよね。

当店でも、ロレックスのリューズに関するご相談をいただくことは多くあります。

そのなかでも今回は、リューズが回らない場合の原因と対策について解説したいと思います。お客様ご自身でできる簡単なセルフケアも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

リューズトラブルの原因

リューズが閉まらなかったり固くなってしまったりする原因とその対処法を解説します。

リューズトラブルの原因1:異物混入

リューズにトラブルが起こる原因の1つ目は、異物の混入です。リューズのロックを開放すると、ケースとの間に隙間ができます。きちんとリューズのロックがかかっていないとこの隙間に埃や皮脂などの汚れが溜まってしまいます。放置してしまうとリューズ動きを悪くしたり、機械内部へ入り込んだりしていまします。

異物混入の対処法は、日頃からリューズを含めた時計の手入れをきちんとしておくことです。リューズの汚れは、毛先の柔らかい歯ブラシや爪楊枝で取ることも可能です。リューズは乱暴に扱うと破損してしまうため、丁寧に扱う必要があります。これでも汚れが落ちない場合は、専門店に依頼するようにしましょう。


リューズトラブルの原因2:リューズのサビ

リューズにトラブルが起こる原因の二つ目は、リューズのサビです。リューズのサビは汚れが溜まっていたり、リューズがきちんと閉まっていなくて内部に水が入ったりすることで発生します。

リューズがサビている場合は、早急に専門店で修理をしてもらう必要があります。とくに内部に水が入っている場合、リューズ以外にもサビや腐食が広がっている可能性があるからです。

リューズのサビの対処法は、リューズを最後まできっちりと閉めることです。リューズの操作はなるべく水平な角度で行ったほうが良いです。ペットボトルの蓋で考えるとわかりやすいですが、斜めのまま蓋を閉めても、きちんと締まっていなくて隙間から水がこぼれてしまいます。それと同じで、いくらロレックスとはいえ、きちんとリューズが閉まっていないと、自慢の防水機能も役に立ちません。


リューズトラブルの原因3:油切れ

リューズにトラブルが起こる原因の3つ目は、内部の機械の潤滑油が切れていることです。ロレックスの機械は、100以上の部品から成り立っていますが、部品同士が噛み合う部分には、潤滑油が塗られています。

しかし経年劣化により潤滑油が切れてしまうと、部品同士が摩耗してしまいます。摩耗した部品は動きが悪くなり、リューズの動きが固くなったり巻き上げ時にガリガリとした感触があったりします。またゼンマイの金属疲労により、精度が悪くなってしまうこともあります。

潤滑油は、定期的なメンテナンスであるオーバーホールを受けることで新たに塗り直しています。また潤滑油が乾いていなくても、油自体が劣化してしまうと凝固し部品ごと交換になる可能性もあります。ロレックスのオーバーホールの推奨期間は3~5年に一度と言われています。時計は精密機械ですので、車の車検と同様、定期的なメンテナンスを行うようにしましょう。

●ロレックス 針回し不良・リューズがガリガリする の修理事例


リューズトラブルの原因4:ネジ山潰れ

リューズにトラブルが起こる4つ目の原因は、ネジ山が潰れることです。ネジ山は、リューズをねじ込む時計のケース側についたギザギザの部分を指します。経年劣化やリューズのねじ込み方が良くないと、ギザギザの部分が削れて平になってしまうことがあります。

この場合ネジ山自体を交換する必要があるため、修理を依頼する必要があります。放置すると飛び出したままの状態になり、防水機能が果たせず、さらに故障につながってしまうため、早めに修理をするようにしましょう。


よくあるロレックスのリューズトラブルと対処法

当店に修理依頼が多いロレックスのリューズのトラブルと対処法を紹介します。

リューズが固くて回らない

リューズトラブルで多いのが、リューズが固くて回らないというものです。この場合、考えられる理由はリューズの操作方法が誤っているか、リューズがサビている、リューズの隙間に埃や汚れなどが詰まっていることが考えられます。

必要以上に力を入れて操作するとリューズが折れてしまう可能性があるため、無理に動かさずに時計修理店に修理を依頼するようにしましょう。

リューズが抜ける・折れてしまう

リューズは内部の機械とつながった重要な部品の一つですが、強く引っ張るとリューズが抜けたり折れたりしてしまいます。その際にリューズを強く押し込むと、内部の部品をさらに傷つけてしまうリスクがあります。そのためリューズを自分で戻すのは絶対にやめてください。

リューズが抜けてしまった際にはリューズを保管し、時計と一緒に時計修理店に修理を依頼するようにしましょう。時計の状態によっては、リューズをそのまま使用できる可能性があります。またその際、時計のリューズがあったところから埃やゴミが入らないように、時計を密閉した袋に入れるかテープで穴を塞ぐようにしましょう。

リューズが緩い・ 空回り

リューズが固くて動かないのとは反対に、リューズが緩かったり空回りしたりするという相談も多くあります。リューズが緩かったり、空回りしたりする場合、経年劣化により内部の部品が破損、または摩耗している可能性があります。

ロレックスの機械は、100以上の細かい部品が使われています。このうちの一つの部品に不具合があると、連動して他の部品にも影響があります。また定期的なオーバーホールをしていないと、部品の摩耗を防ぐ油が切れてしまっている可能性があります。油が切れてしまうと、部品の摩耗や破損、ゼンマイの金属疲労などが起こってしまいます。リューズが緩かったり空回りしたりする場合は、リューズ以外の内部の部品に不具合が考えられるため、なるべく早めに専門店に修理を依頼するようにしましょう。

●ロレックス リューズが空回り・抜ける の修理事例


匠工房では、メーカー比最大50%オフでロレックスの修理を承っています。修理費用が安い時計修理店ではジェネリックパーツが使われることも多いですが、当店では基本的にロレックスの純正部品を取り扱っています。(※代用品でのご提案となる場合は、お見積りの際に、純正品/代用品 をお知らせしております。)国家資格である1級時計修理技能士を持った経験豊富な技術者によって対応させていただいております。

無料でお見積もりを行っていますので、リューズの動きに不安を感じる方は、お気軽にご相談ください。

ロレックスのリューズの役割

そもそも、リューズにはどのような役割があるのでしょうか。

ロレックスのリューズには、大きく2つの役割があります。1つ目がゼンマイの巻き上げです。リューズは時計の中の動力部分とつながっていて、リューズを巻き上げることによりゼンマイを巻き上げることができます。だいたい50回ほど回せば、ゼンマイは巻き上がります。ただし、手巻き式時計の場合、巻き止まりがあるため、途中で巻き上がらなくなったら、無理に巻き上げないようにしましょう。

2つ目の役割は、時刻合わせや日付調整です。日付表示がついているモデルは、リューズを一段外側に引くとカレンダーを調整ができます。もう一段引くと時計の針を動かすことができます。※ただし日付調整がついていないモデルは、一段引き、24時間針を進めることで日送りが可能です。

時間を合わせる際は、なるべく時計回りになるように針を回しましょう。少しであれば反時計回りでも大丈夫ですが、元々時計回りに動くことを前提として作られていますので、ずっと反時計回りにしていると、故障してしまうこともあるので気をつけましょう。

また午後8時~午前4時のところに時計の針があるときに、日付調整を行うと故障することがあるので、こちらも避けるようにしましょう。ロレックスの日付調整は上記の時刻に少しずつ内部の機械が動いているため、無理に動かしてしまうと部品が破損することがあるからです。

ロレックスのリューズの操作方法

リューズには、大きく引き出し式とねじ込み式の2種類があります。ロレックスは、大半がねじ込み式のリューズを採用しています。ねじ込み式は防水機能に優れていますが、適切に扱わないとリューズが閉まらなかったり、ネジ山が潰れてしまったりします。

「新品のロレックスなのにリューズが閉まらない!」という場合は、リューズの操作方法が適切でない可能性もあります。

ロレックスのリューズを巻き上げる順序は次のようになります。

  • リューズを6時方向に回し、ロックを解除する
  • リューズを12時方向(ゼンマイが巻き上がる感触の方)へ巻き上げる
  • 巻き上げたらリューズを押し込みながらネジ山にリューズを合わせる
  • リューズを回し、しっかりとロックする

ロレックスのリューズでのカレンダー(日付)操作は、モデルによって回す方向が異なるため、自分の持っている時計がどちらか調べて回すようにしましょう。

モデルによっては、カレンダー早送り機能がなく、24時間針回しで早送りする機種もあります。

リューズが回らなくなる前にできる対策

リューズに関するトラブルを紹介しました。こうしたトラブルにつながる前にできる、セルフケアを紹介します。

リューズをしっかり閉める

リューズは内部の機械部分につながる重要な部品です。リューズがしっかりと閉まっていないと隙間から汚れや水が入り込み、内部の機械に悪影響を及ぼします。

またリューズが閉まっていないと隙間に汚れが溜まってしまい、サビやすくなってしまいます。そのため普段からきちんとリューズを閉める癖をつけておきましょう。

とくに海で使用する際には、リューズが閉まっているか確認しましょう。海水が少しでも内部に入ってしまうとすぐにサビてしまうため、万が一海水が入ってしまった場合は、すぐに修理を依頼するようにしてください。また海水は時計のケースの劣化にもつながるため、海で使った場合は水で海水を洗い流すようにしましょう。

リューズは丁寧に扱う

時計は精密機械のため、なるべく丁寧に扱うようにしましょう。リューズは折れやすいため乱暴に扱うと破損してしまいます。腕に着用したままリューズを操作する方もいますが、リューズの押し込みが水平にならずに斜めに閉まってしまうリスクがあります。そのまま閉めてしまうとネジ山が削れてしまったり、リューズに負担がかかったりする可能性があるため、腕から外してリューズを操作するようにしましょう。

また、リューズが緩かったり巻き上げの感触がガリガリしたりするなど、違和感がある場合は、無理に操作せずにそのまま修理を依頼するようにしましょう。

リューズが回らなくなる前にオーバーホールを

ロレックスのリューズが回らなくなってしまったときに考えられる原因や対策を紹介しました。リューズは時計の部品のなかでも、壊れやすいためとくに修理依頼の多い内容です。リューズが回らない原因は、操作方法が違っていることもありますが、多くは汚れ・つまりか、故障が原因です。

ここで紹介した操作方法でもリューズが動かない場合は、無理に動かそうとせず時計修理の専門店へ修理・オーバーホールを依頼することをおすすめします。

匠工房では、ロレックスのリューズが閉まらない場合の見積もりを無料でお出ししています。「時計は動いているけどリューズの動きがちょっとおかしいな」「リューズが以前より固い気がする」など、ロレックスのリューズで気になる点がある方は、お気軽にご相談ください。