メンテナンスコラム

カルティエ

カルティエの時計に磁気が発生したらどうすればいい?磁気帯びの原因と対処法を解説

「カルティエの時計が磁気帯びしてしまった」「カルティエの時計が遅れたり進んだりするけどこれって磁気帯び?」カルティエの時計を使用している方のなかには、このような悩みや疑問をお持ちの方もいるでしょう。

時計の磁気帯びは、スマートフォンやパソコンなど磁気を発生させる製品の近くに置くことで時計が磁化してしまいます。時計が磁気帯びすると、専用の機械で磁気を抜く必要があります。

しかし磁気は目に見えないため「本当に磁気帯びしているのかわからない」という方もいるかと思います。そこで今回は、磁気帯びによって発生する時計の不具合や判断方法、原因と対処法についてご紹介します。

磁気帯びとは?

磁気帯びとは、時計が磁化してしまった状態です。カルティエをはじめとする時計の多くは機械式時計と呼ばれる、金属の部品が100以上も組み合わさって動く機構です。金属には、磁気の影響を受けると磁力発生源から遠ざけても、金属に磁力が移ってしまう性質があります。そのため、磁気を発生させる製品の近くに時計を置いておくと、時計の部品に磁気が移ってしまいます。このように時計に磁気が残ってしまった状態を磁気帯びと言います。

磁気帯びした時計はどうなる?

磁気帯びした時計は進みや遅れ、止まりなどが発生します。なぜなら磁化した金属は通常とは異なる動きが出てしまうからです。とくに時計心臓部分であるヒゲゼンマイ部分が磁化してしまうと、時計の精度に大きな影響が出てしまいます。

ヒゲゼンマイはとても繊細な部品で、髪の毛よりも細い部品です。そのヒゲゼンマイが伸縮を繰り返すことによって時計は正確な時刻を刻むことができます。しかし磁気帯びしてしまうと、ヒゲゼンマイの伸縮運動が乱れ周囲の部品へ正しい動きを伝えることができなくなってしまいます。これによって時計の精度の狂いや止まりが発生します。

クォーツ時計は磁気帯びしない?

よくある勘違いに、「クォーツ時計は磁気帯びしない」というものがあります。金属の部品が組み合わさって動く機械式時計とは違い、クォーツ時計は電池を動力としているので、磁力の影響を受けないと思っている方が多いように感じます。

実際にはクォーツ時計も磁気帯びしてしまうため、この考えは誤りです。機械式時計と比較すると、磁気帯びしづらい特徴はあるものの、強い磁気が近くにあると、クォーツ時計であっても磁気の影響を受けてしまいます。また、強い磁気に長時間さらされていると精度の狂いだけでなく、時計が止まってしまうこともあります。最悪の場合、クォーツ時計の回路が壊れてしまうこともあるため、磁気を強く発生させるものには気をつけましょう。

磁気帯びの原因・対策

磁気帯びの原因・対策について紹介します。

身近にある磁気を発する製品

時計の磁気帯びの原因になる磁気を発生する製品は次のものがあります。

  • スマートフォン
  • パソコン
  • スピーカー
  • 電子レンジ
  • マグネット式のカバンの留め具
  • 磁気ネックレス
  • IHクッキングヒーター
  • 充電器 など

時計を磁気帯びさせない対策は、上記の磁気を発する製品になるべく近づけないことです。基本的に5~10cm前後離せば磁気の影響は受けなくなります。

スマートフォンやカバンの留め具(マグネットタイプ)など身近な製品は、気づかない間に時計と密着してしまうため気をつけましょう。

磁気帯びしているかの簡単な確認方法

「自分の使っている時計が磁気帯びしていないか、どのように確認すればよいか?」というお問い合わせをよくいただきます。ここでは時計の磁気帯びを自分で確認する簡単な方法をご紹介します。

それは、時計を方位磁石に近づける方法です。もし時計が磁気帯びしていたら、方位磁石が振れてしまいます。少しの動きであれば問題ありませんが、大きく動く場合は、早急に磁気抜きをしたほうが良いです。

しかし上記の方法は、あくまでも簡易的な診断方法のため、詳細に磁気帯びの状況を調べたい場合は、時計修理店に依頼する必要があります。時計修理店では、磁気チェッカーと呼ばれる専門の器具を用いて時計の磁気帯びを検査するため、確実に磁気帯びかどうかを判断できます。

時計の磁気抜き方法

時計が磁気帯びしてしまった場合、個人で対応するか、時計修理店に持ち込んで磁気抜きを依頼するかの2つの方法があります。

個人で時計の磁気抜きを行うには、市販の磁気抜き器を購入する必要があります。磁気抜き器は、手軽な手持ち型から業務用の据え置き型まで、さまざまです。しかし、使い方を誤ると反対に磁気を強めてしまったり、残った磁気の計測ができなかったりするため、よほど慣れている方でない限りおすすめできません。

時計を長く使い続けたいなら、時計修理店に脱磁を依頼することをおすすめします。時計修理店では国家資格である時計修理技能士が、業務用の磁気抜き器を使って磁気抜き作業を行っています。前述の磁気チェッカーで完全に磁気が抜けたかの確認も行っているため、安心して依頼できます。

当店では、時計の磁気抜きに対応しています。無料見積り宅配パックでは、送料・見積もり料・キャンセル料すべて無料でカルティエの腕時計に精通した技術者による点検を行い、見積もりをお出ししております。見積もり後の追加費用は一切ないため、お気軽にお申し込みください。

カルティエの磁気帯びしづらい時計

カルティエの時計には、強い磁場でも対応できる、磁気帯びしづらいモデルがあります。カルティエの時計で磁気帯びが気になる方や、磁気帯びの確率を減らしたい方は次のモデルがおすすめです。

  • カルティエ サントス ドゥ カルティエ(Cal.1847MC)

カルティエのサントスは、1904年に登場し、100年以上人気を持ち続けるカルティエの角型時計です。当時、腕時計は女性が着けるものとみなされており、腕時計は一般にはあまり広まっていませんでした。しかし、著名なパイロットのアルベルト・サントス・デュモンが、友人であるルイ・カルティエに「飛行船を操縦しながら懐中時計を見るのは難しい」と漏らしたことから、カルティエはパイロット向けの腕時計を製作しました。これがサントスの原型と言われています。

現在のカルティエサントスは2018年にアップデートされ、自社キャリバー「Cal.1847MC」を搭載しています。このムーブメントは、1200ガウスの耐磁性能を持っています。1200ガウスは、磁気を発生する製品から1cmまで近づけても磁気帯びしない耐磁性を意味します。そのためデスクワークの方はもちろん、電子機器を扱う方でも安心して使用できます。また、厚みは役0.9cmとスポーツウォッチとして薄型で、日常使いに邪魔しないサイズ感、100mの防水性能と耐磁性能以外の機能も抜群です。


  • カルティエ パシャ ドゥ カルティエ (Cal.1847MC)

カルティエのパシャは、1985年にカルティエのメンズ高級ラインとして登場したモデルです。タンクフランセーズやサントスなど、角型ケースが多いカルティエには珍しい丸型(ラウンド型)のケースを採用したモデルです。パシャという名前は、モロッコの都市マラケシュのパシャ(太守)であるエル・ジャウィ公からの「自宅のプールで泳ぎながら着用できる時計を作って欲しい」という依頼に基づいて製作されたことに由来しています。

その依頼通り、カルティエの防水時計として登場し、高い防水性能を保つためのリューズプロテクターは、今でもモデルの大きな特徴として受け継がれています。

2020年に新たに刷新された最新の「パシャ ドゥ カルティエ」は、サントスと同じく自社ムーブメント「1847MC」を搭載し、耐磁性能1200ガウスを実現しています。

また35mmのレディース向けのサイズも展開しているため、女性や男女ペアでの着用といった楽しみもできます。


カルティエの磁気帯びの修理実績

当店でこれまでにお預かりした、カルティエの磁気帯びによる修理実績を紹介します。

  • カルティエタンクフランセーズ 磁気抜きなど

https://www.studio-takumi.com/case/cartier-tank-03-repair-html

カルティエのタンクフランセーズの修理依頼です。こちらは購入してから20年間メンテナンスを行っておらず、時計の遅れが見られるという依頼でした。

内部点検をしたところ、ムーブメントの油の劣化と湿気、磁気帯びが見られました。

そのためオーバーホールと磁気抜きを実施いたしました。磁気は目に見えないため、気づかぬ間に帯磁してしまい、わからないまま使用を続けることが多々あります。電池交換をしても時計の精度に改善が見られない場合は、磁気帯びが考えられますので、お早めに修理をご依頼ください。

  • カルティエ マストタンク オーバーホール、磁気抜き

https://www.studio-takumi.com/case/cartier-tank-07-repair-html

カルティエのマストタンクに遅れが発生しているということで、依頼いただきました。マストタンクは生産終了品で、非防水のクォーツ時計です。点検したところ帯磁が見られましたので、磁気抜きとオーバーホール、電池・部品交換を行いました。

マストタンクのようなアンティーク時計は、とくに磁気の影響を受けやすいです。また、非防水のため汗や湿気、手洗い時の水跳ねなどで水没してしまうこともあります。水没や磁気帯びも時間が経ってしまうと、回路自体が交換になってしまうこともあるため、ヴィンテージ時計で精度の狂いや動作に違和感がある場合は、すぐに修理依頼をするようにしてください。

  • カルティエ ミスパシャ オーバーホール、磁気抜き

https://www.studio-takumi.com/case/時計の電池を交換しても動かない。

カルティエのミスパシャが電池交換をしても時計が止まってしまうとの依頼をいただきました。内部のムーブメントを分解・点検したところ、磁気帯びが見られたため、磁気抜きとオーバーホールを行いました。

カルティエのレディース時計の多くはクォーツ時計ですが、電池式であっても磁気帯びは起こります。また時計の止まりは帯磁以外にも電子回路に問題がある可能性も考えられますので、放置せずに修理を依頼するようにしてください。

カルティエの磁気帯び修理は匠工房にお任せください

カルティエの磁気帯びについて解説しました。時計の磁気帯びは、スマートフォンやパソコン、マグネットタイプの留め具など身近なところにある磁気を発生する製品に近づけることで発生しています。磁気は目に見えないため、気づかない間に時計が帯磁してしまう事例も多々あります。そのため、対策としてはこれらの製品に必要以上に近づけないようにすることです。時計の帯磁が考えられる場合は、方位磁針で簡易的に検査もできますが、なるべく時計修理店で検査を依頼したほうが良いと言えるでしょう。

無料見積り宅配パックをお申し込み頂き、カルティエの時計を入れて発送すると、無料でお見積りをお出しいたします。送料やキャンセル料も無料なため、「故障や磁気帯びかもしれない」と感じた方は、お気軽にお申し込みください。