修理事例のご紹介

セイコー オーバーホールキャパシタ裏蓋パッキン

セイコー キネティックのオーバーホールを実施しました(岡山県倉敷市のお客様)

SEIKO KINETIC

岡山県倉敷市のお客様より、時計修理の匠工房に、セイコー キネティック(5J22-0D40)の修理依頼がございました。

19年間1度も オーバー ホール無し、1年前から風防内が曇りますので置いてました。
オーバーホール、蓄電池の交換も希望 。 とのことでお申し込みを頂きました。

※到着時のお写真を使用しております。

セイコー キネティックについて

1881年に、セイコーのルーツである”服部時計店”が創業し、1892年には時計製造工場として”精工舎”を設立し、当初は掛時計の製造を行っていました。

そして、1924年に”精巧な時計を作る”という創業時の原点に立ち返るという想いを込めて、初めて『セイコー』腕時計ブランドが冠されました。


一般のクオーツ式の腕時計はボタン型電池で動きますが、キネティック(KINETIC)は、【時計を振る】ことによって内蔵された発電機が回され、発電した電気をキネティックE.S.U.に. 蓄えて時計を動かすという、SEIKO独自の機構を持ったクオーツ時計です。

【動き】を電気に変換して蓄える方式ですので電池交換不要で、クオーツ時計の精度が出るというメリットがあります。 (キャパシタが経年劣化している場合は交換が必要です。)

長期間使用されずに完全に充電がなくなると、作動させるまでに時間がかかりますが、そこがまた良いというお客様が多い時計です。

時計の状態

今回はオーバーホールと裏蓋パッキンの交換に加えて、キャパシタが劣化の為、交換を実施致しました。

長年のご使用によりキャパシタ(二次電池/蓄電池)の蓄電能力が劣化している状態でした。

キネティックは、【時計の動き】を電気エネルギーとして充電し、駆動する仕組みとなっています。

今回の時計は、キネティックのオートリレーでした。

キネティック オートリレーは、一定時間、静止状態が続くと針の動きを止め、内部の回路で時間をカウントして、電力の消費を最小限に抑える機能です。
時計に一定の動きが加わると、現在の時刻に自動で復帰するという自動時刻復帰機能 があります。(カレンダーはご自身で合わせて頂く必要があります)

自動時刻復帰機能が効く期間は、蓄えられた電気エネルギーにより異なります。(電気エネルギーが無くなると、時計を振っても自動時刻復帰機能は効きません)

完全に充電がなくなると、作動開始までに時間がかかりますので、運動量が少ないお客様の場合は、1秒間に2往復するイメージで時計を振って充電されることをお勧めさせて頂きます。

SEIKO KINETIC

修理完了後、納品前のお写真です

この度は当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございました。
また何かございましたら、どうぞお気軽にご相談くださいませ。

●今回の修理内容

オーバーホール、裏蓋パッキン、キャパシタ

修理料金:2万円台前半(税抜)※修理当時の価格