修理事例のご紹介

オメガ オーバーホールチューブリューズ仕上げ(磨き)

オメガ シーマスター/リューズが閉まらない(島根県松江市のお客様)

omega-seamaster

島根県松江市のお客様 より、時計修理の匠工房に、オメガ シーマスターの修理依頼がございました。

リューズが閉まらない、 との事でご相談を頂きました。

オメガ シーマスターについて

オメガ シーマスターは、ブランド創業100周年を記念して1948年に発表されたモデルです。

進化を続けるシーマスターは、現在は防水性の優れた高級スポーツウォッチとして認知され、オメガ スピードマスターと並び、非常に人気のあるモデルです。

時計の状態

リューズがロック不良の為、オーバーホールとリューズ、チューブ(受側)の交換を実施致しました。

オメガ純正品のリューズ・チューブ代金が高騰しておりますので、今回は代用品と純正品で、お客様にご提案を致しました。

今回、リューズ・チューブは代用品で修理のご依頼を頂きました。
(リューズにオメガのマークはありませんが、デザインはほぼ同じです。)

そして、問診票の仕上げ(磨き)の箇所にチェックが入っておりましたので、オプションで仕上げ(磨き)をご提案をしました所、仕上げ(磨き)も有りで修理のご依頼を頂きました。

この度は当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございました。
また何かございましたら、お気軽にご相談頂けますと幸いです。

●今回の修理内容

オーバーホール、リューズ・チューブ (代用品) 、チューブ加工、仕上げ(磨き)

修理料金:5万円台後半(税抜) ※修理当時の価格